プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

聴診器ブック(5/11 加筆修正)

聴診器ブック』って知ってました?

聴診器というと、当然健康管理なんだけど……。

私が自宅に聴診器があったらやってみたいのは、木の水音を聞くこと。

この本は健康管理用なんだけど、私は奄美に絶対持っていくな。
で、ガジュマル、アコウ、デイゴ、ヒカゲヘゴ、アダン……いろんな木の水音を聞いてみたい。

木の種類や植わってる場所によって、水音は違うんだろうか。





もうずいぶん前、ネイチャーゲームをやったとき、木に聴診器をあてたことがある。
木の幹に聴診器をあてると、木に通ってる水音が聞こえて、「あぁ、木って、人間に血液が流れてるように、水が流れてるんだ」って実感。なんかすごくじんわりきたのを覚えてる。

木の中の水音がどんなだったか、実はよく覚えてない。でも最初、「え? 心音?」ってびっくりしたことは覚えてるから、水がチョロチョロ流れるような音じゃなくて、強弱のある流れのような音だったのかもしれない。

はっきり覚えてないから、もう一度聞きたいとも思う。でも「木の水音を聞きたい」には、音を確認するためだけじゃなくて、もうちょっと違う何かがある。

それは木の水音を聞くということを通して、たぶん、私の「自然とつながりたい」欲求をかなえたいのだと思う。

その何年も前の体験では、木に聴診器をあてて水音を聞くとき、みんな目をつぶっていた。
きっとみんな、聴覚をとぎすますために、視覚を閉じたのだろう。

思い出すと、といってもこれはイメージかもしれないけど、森の中のあちこちの木に聴診器をあてて目を閉じてる人が寄り添ってるっていうのは、マグリットの絵にでもありそうなちょっと不思議な光景だ。

木は大地の深くに降ろした根の先から水を吸い上げ、高い梢の先までその水をめぐらせる。吸い上げる水はどこから来たのだろう。吸い上げた水は葉から空へ放出され、どこへ行くのだろう。

木に寄り添う人は、耳で木とつながり、そのことを感じながら自分の体内の水が浄化されていくような感覚になる。

木を媒介して、水と、地球と交わる。
あのころはまだよくわからなかったけど、木の水音を聞くっていうことはそういうことなんだろう。もう一度、静かに木に流れる水音を聞いてみたい。













↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-10(Sat) 21:26| モラタメ| トラックバック 0| コメント 2

コメント

ありがとうございます

はじめまして。日本実業出版社『聴診器ブック』担当・多根と申します。
「モラタメ」さんへのモニターにご応募いただき、ありがとうございます。木の音、ブログを拝見して私も聴いてみたくなりました。人と自然がつながる素晴らしい体験になりそうです。今回は多数の応募があるため、みなさまにお届けできないのが残念ですが、これを機に聴診器に関心をお寄せ頂ければ幸いです。
『聴診器ブック』にまつわるブログも始めました。
http://njg.blogzine.jp/tyousinki/
お時間があるときにでも遊びにいらしていただければ幸いです。
最後に、みなさまの健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2008-05-14(Wed) 11:30 | URL | 日本実業出版社 『聴診器ブック』担当・多根 #-[ 編集]

*多根さま

ご丁寧にコメントありがとうございます。
聴診器を医師から一般に広めるのはいい試みですね。モラタメ会員さんの関心の高さは、健康管理欲求の高さでもあるのでしょう。

私はフマジメに、木だけでなく砂浜にも聴診器をあててみたいと思ったりしています。波が砂にしみこんでいく音が聞こえるかもしれません。

2008-05-15(Thu) 19:05 | URL | sarah #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/318-dd954a3e

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。