プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

cafe slowへ行ってきた

cafeslow 前から行ってみたかった国分寺のcafe slowへ。

 この間紹介した『スロー・イズ・ビューティフル』の
 著者、辻信一さんや中村隆市さんが世話人を務める
 ナマケモノ倶楽部と深いかかわりがあるこのcafeは、
 行ってみたい理由がいくつもあった。

 まずひとつは、ストローベイル
この変わったエントランスも内装も、藁(ストロー)のブロック(ベイル=梱包されたもの)に珪藻土を塗ってできている。要するに、藁の家。これがオオカミに吹き飛ばされるどころか、とっても丈夫で表情豊かな仕上がりになっているらしい。

cafeslow_in 店内奥の壁面。
 窪みをつくって本棚にしてあったり、
 ガラスや、ここに写ってない壁には
 サンゴや貝殻を埋め込んである。

 イスも固くなく、柔らかくなく、いい感じ。


何よりも、内部の空気がいい。清浄感があるし、肩肘張らないでいられる。
懐かしいというのとはちょっと違うけど、何というかな、いわゆる都会的なカフェで感じるぎこちなさがなくて、ありのままでいられるというのかな。それでいて、ダラダラするんじゃなくて、ゆっくりもできるし、何か動き出したくなるような気持ちにもなれる。

もうひとつは、エクアドルとのかかわり。ナマケモノ倶楽部はエクアドルとのかかわりがあって、それをこのcafeでどう表現しているのかを見たかった。

今日はエクアドル・コタカチ郡の知事アウキ夫妻を迎えてのトークセッションがあったので、メニューもエクアドル風ランチプレートなどに。

いつもエクアドルを前面に出してるわけじゃなくても、このアウキ夫妻に教えられたハチドリの物語を伝えたり、ハチドリグッズを販売したりしている。

ここで、奄美なカフェ妄想がまた広がるわけです。
どんな風に広がるかは、長くなるのでまたあらためて (^^;;





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-06(Tue) 22:42| ご近所からちょっと遠くまで| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/315-7a485eca

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。