プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

奄美への下ごしらえ

日本人は勤勉だといわれている、と世間ではいう。そして私たちは勤勉であろうとしている。

だらだらするな、なまけるな、早くやれと、いつも追い立てられている。追い立てられて「しんどいなぁ」と思っても、勤勉であるためにはしょうがない、それが社会人としての責任なんだから疲れても休んじゃいけないと自分に鞭を打つ。

おとなに限らず、子どもたちもずっとせかされっぱなしだ。かく言う私も子ども達に「早くしなさい!」「なにダラダラしてるの!」と号令をかけてばかりいる(そしてムスメは大学をやめ、ムスコは家出した)。


辻さんは、ナマケモノ倶楽部の世話人のひとり、中村隆市さんの「我々の現代社会は“準備社会”だ」ということばを紹介している。
「今」はいつも将来(目的)のための準備に使われている。「今」を生きていないという。

旅もそうなっている。観光施設、アクティビティが目的になってしまい、旅の本来の意味が失われているといわれて久しい。

奄美は「何もしなくていい」場所だというのは、なにも、観光施設やアクティビティをするなということではない。それだけを目的にしないでほしい。

観光施設めぐりやアクティビティだけが目的になると、どうしてもほかの施設やほかでの体験と比べがちだ。あそこよりここの方が○○、あっちでは○○できたのに、あそこでできなかった○○ができた……。旅人じゃなくて観光施設評論家ができあがる。

そういう比較も参考になることはあるから、全部を否定するつもりはないけど、そればかりじゃね。


何もない浜で、海を見る。
最初、そこには、浜と海と空しかない。
じっとしていると、波音が聞こえてくる。
後ろの山から鳥の声が聞こえる。
どこか遠くから人の声が聞こえるかもしれない。

まだじっとしていると、波音って同じじゃないんだ、と気づく。
波も一様じゃない。いろんなかたちでやってくる。
浜にたどりつく波の様子もさまざまだ。
あ、ヤドカリ。
あ、貝殻がある。あれはサンゴのかけらかな。

貝殻を拾ってみる。あ、あそこにもある。
あ、ここにもっと小さいのがある。
うわーもっと小さいのも!

ヤドカリが引っ込んだ。
出てこないかな? ガマン比べしようか。

目を上げれば、雲が動いていく。
風音が聞こえる。


このちっとも勤勉じゃない時間。将来への準備のために時間を消費するのではなく、「今」を満喫する。

これは奄美に寄り添う「下ごしらえ」かもしれない。










↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-04-25(Fri) 23:16| 奄美| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/303-ab76695c

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。