プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

五感が開く

奄美の島々の楽しみ方』の野鳥の項目で、mizumaさんが書いている。

 奄美の森を案内しているといろんな音に混ざって遠くのほうから鳥の鳴き声が聴こえてくる。そこで「鳥が鳴いてますよ」とお客さんにも教えるのだが、不思議そうな表情をしている方が多い。
 聴こえていないのだ。
 バードウォッチングを趣味としているようなアウトドアが好きな方はそうでもないが、街中に住んでいる方、特に都市部に住んでいる方に多いような気がする。目の前の木にリュウキュウズアカアオバトのような割と大きな鳥がいることを教えても、なかなか見つけきれないこともある。
 それが1時間ほど森を散策していると、水を向けなくてもお客さんから「聴こえました!」「あそこに鳥が!」と言葉が出てくる。たぶん、街中で閉じていた五感が開いた、いわばフィルタがとれたのだと思う。
 偉そうに書いているが、奄美に帰ってきてガイドを始めた頃の私自身がそうだったのだ。「ここではこういう案内を」と先輩たちに教えてもらい、森を歩くのだがさっぱりわからない。というか、うっそうとした森だけで鳥をはじめとした生き物なんてどこにいるの? という状態だった。
 それが何度も森に入り、近くで鳴いてくれた鳥の声や姿を聴いたり見たりしながら意識していると、実に色んな音が聴こえてくるようになった。そしてただ密集している森の中のちょっとした動きに気づくようになった。



そう、私たち都会に住む者は、五感が閉じている。この項目の中のある註釈。

「五感が開いた状態」で都市部で暮らすのは辛い。森で生き物を探す感覚で満員電車に乗ってはいけない。生き物や音が多すぎて、きっと気分が悪くなってしまうだろう。



都市部の生活者にとって、五感が開いた状態でいることは、もはや自殺行為に近いわけだ。すし詰めの満員電車で、見知らぬ人とお互いに動くこともできないほどくっついていても、そこに親密さはない。むしろ親密さが感じられると、キモチワルイ。

どこに行っても、人工的な音があふれている。人工的な音に、鳥や虫のさえずりはかき消され、がんばっているのはカラスぐらいだ。

都市部の生活者は、いつも見えないヨロイをまとっていなくては身が持たないのである。


奄美空港に着いて、飛行機からボーディングブリッジを渡る、その短い間が、私は好きだ。
機体から出ると、ボーディングブリッジの閉じた空間でも、奄美の空気は湿度が高い。一歩進むたび、そのエアフィルタに入っていくごとに、ヨロイが溶けていく。見えないヨロイの欠片が私の歩いた後に落ちていく。

そして荷物を待つ、永遠にも思われる時間。いつも変わらぬ島唄を聞きながら、時計を合わせるように島の時の流れのリズムにあわせていく。

空港ビルを出て、残っている空気を吐き出し、島の空気を吸い込むと、細胞が徐々に生き返っていく。私の島歩きがはじまる。

こうして島のあちこちで、私は体内の空気を入れ換える。SFではないけれど、冷凍保存されていた人間が目覚めるように、からだの細胞が目覚め、深呼吸する。

ヨロイをまとい、感じることを包み隠されていた細胞がはしゃぎだす。


五感を遠慮なく開ける場。
それは島の恵みにほかならない。










↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-04-23(Wed) 23:07| 奄美| トラックバック 0| コメント 5

コメント

「そうそう!」と思ってしまったので失礼します(^^;)
学生時代、「集中するというのは、実は感覚を放つことです」といわれたことがあります。大学が曹洞宗系で、座禅の授業があり、そこで周囲の音に対しての聴覚のon/off機能(?)に感動しました。
時々通勤電車の中でonにしてしまうと、聴覚だけでなく、あまりに多い広告に押しつぶされそうになります。

奄美は、onにできる場所なんですね。それだけ(いい意味で)集中できる場所とも言えるのではないかと思いました。

2008-04-24(Thu) 09:23 | URL | jupiter #WOq6nlhY[ 編集]

*jupiterさん

私は遠視で、ふだんかけてるメガネは、見えるものを制限するため。それでもショッピングモールとか人の多いところへ行くと、頭痛がしたり、ものすごく疲れます。

でも、島にいるとメガネの必要がないんです。緑が多い、視界が開けてることもあるんでしょうけど。

うっかりこっちに戻ってすぐ、メガネなしで出歩くと倒れそうになります。これって、jupiterさんが押しつぶされそうになるっていうのと同じようなことなのかな?

2008-04-24(Thu) 23:41 | URL | sarah #-[ 編集]

sarahさん

あぁ、その感じだと思います。見えすぎて、注意していないと大量の情報が目に飛び込んできてしまって、頭で処理しきれなくなるような・・・(って、よくわからない説明ですね(^^;))

sarahさんが島でメガネをはずして視界が開けるという状態が、わたしには感覚を開放している状態だと思うのです。

メガネがoffで視界がon。なんだか不思議ですね。

2008-04-25(Fri) 09:38 | URL | jupiter #WOq6nlhY[ 編集]

*jupiterさん

> 見えすぎて、注意していないと大量の情報が目に飛び込んできてしまって、頭で処理しきれなくなるような

そうそう! それで頭痛がするわけです。
容量オーバーってことですね。

でも島ならOKってことは、私の容量としては許容量だけど、都会にいると容量を制限してるってことなんでしょうか。それも都会で「身を守る術」なのかもしれませんね。

2008-04-25(Fri) 22:14 | URL | sarah #-[ 編集]

*masaさん

ふとしたときに感じる光のかげんや、雨が降る前の雨臭さ、そういうものを感じられると、無性にうれしくなります。


2008-04-25(Fri) 23:28 | URL | sarah #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/301-1a1b06e8

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。