プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

つながる場所

学生時代にバイトしていたその店。家と友だちと学校ぐらいしか知らなかった私にとって、その店は新しい世界だった。近くに日大芸術学部と武蔵野音大と武蔵大学。違う学校の、毛色の違う同じ年頃の人たち。そして学生より不思議な社会人のお客さん達。

サラリーマンではない常連さん達との会話は、とっても楽しかった。ちょっとバカにされたり、世間知らず扱いされたりしても、みんなあたたかく見守ってやってくれてるっていう感じだったし、物事のとらえ方や考え方ってさまざまなんだなーっていうことをじんわり感じたものだった。

お客さんが結婚したり、子どもが生まれたり、学生が卒業して就職したり、それぞれ何となく変わっていく姿に、自分がこれからたどるかもしれない道を身近に感じたりもした。

お客さん同士、仲が良かったり、毎日のように来ても口数が少なくてちょっと離れたところにいる人とか、それぞれがそれぞれの距離で、お店と、人と、つながっていた。

今日はだれがいるかな、○○さん来てるかな。お店のドアに手をかけるとき、そんな楽しみがあった。

最近、そういう店って少なくなったんじゃないかな。コーヒーがまぁまぁおいしくて、居心地も適度によくてっていうカフェはある。カフェだからコーヒーでお客さんとつながっていればいいのかもしれないけど。もしそのお店がなくなっても、「ざんねーん」とは言われても、じきに忘れられてしまう。そんなお店じゃなくて。

たとえば南の島に当てはめて考えてみる。
青い海と白い砂浜がきれいなとこ。熱帯魚みたいな魚がたくさんいてダイビングができるとこ。亜熱帯っぽい植物があるとこ。そういう島なら、どこでも代替可能だ。でも「○○さんに会いたい」なら、代替不可能。

コーヒーがおいしくて通っているうちに、知らない人とつながってた。
そんな場所をつくりたいな。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-04-05(Sat) 12:22| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/282-23bc7761

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。