プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『アース』

この前、断念した『アース』を見た。

冒頭から「ちっさいなー」と思う。自分の小ささだ。
こんな大きな地球。知らない、実際には見たことのない風景。私が生きている場所の、なんて小さいことだろう。そこでジタバタしてる自分の小ささ。しかも私はその小さい場所のヌシのようにしているけど、実際はこの星のほんのわずかの場所にのっけてもらってるだけなんだなー。


チーターがガゼルを懐に入れる。それはエロティックなまでに美しい。
ホオジロザメがアザラシを飲み込みながら空中に舞う。

水場を求めて旅するゾウの群れ。倒れたゾウは蹴飛ばされて立ち上がり、歩き出す。
アネハヅルはヒマラヤの上昇気流に飛び込み、南を目ざす。
求愛ダンスのステージを拭き掃除までして整える、熱帯の鮮やかでドハデな鳥たち。

スクリーンを埋め尽くすバッファロー、オオカミを振り切ろうと必死に走るトナカイ、水の中を歩くキリン、北極のとけた氷は、ぶつかり合ってうなりを上げる。

しごく当たり前のことばだけど、みんな生きている。生命をつなぐために、精一杯に。

ほんのわずかな温暖な場所に住んでる人間がたくさんCO2を出して北極圏の氷を溶かし、足場を失って泳ぎ疲れ、獲物を捕る最後の賭けに負けたホッキョクグマが、セイウチに囲まれてヘナヘナとからだを丸め、目を閉じていく。

小さい場所でジタバタしている人たちも、一所懸命に生きている。でも、一所懸命になりすぎたのだろうか、視野が狭くなり、自分のこと、自分のほんのちょっとのまわりのことしか見えなくなってるんじゃないだろうか。


地球を見れてよかった。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-02-29(Fri) 16:38| 本とか映画とか| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/246-5057afa1

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。