プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夜中まで読んだ本


 浅田次郎の
 『地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)』を読んだ。

 JALの機内誌に浅田次郎のエッセイが連載されていて、
 軽妙な語り口が心地よい。
 ふとそのストーリーテリングに触れたくなって、
 本屋で手に取ってみた一冊。なかなか面白かった。

 


父と反目する主人公が、地下鉄、地下道でタイムスリップし、自分の知らない父を知ることによって混乱し、かといってかんたんに父に寄り添っていくわけではなく、という身につまされるストーリー。

私も過去の父に会ったら、「へぇ、この人にこんな一面があったのか」ということはたくさんあるんだろう。

たしかに私は父の人生のほんのちょっとしか知らない。でも、と思う。父の人生を全部なぞったら、私と父とのかかわり方がかわるんだろうか。

人はだれかの人生をそっくりなぞることはできない。結局は限られた人生でのかかわりしかもてない。

安易に父に寄り添っていかない主人公。その頑なさに妙な親近感を覚えた。

それに、知らなかった一面を知ったからといって、私や家族に突き刺さった言動が帳消しになることもないだろう。


後半は途中で読み止めるのがもったいなくて、昨晩、夜中まで読んでしまった。おかげで今朝は寝坊。携帯のアラームを何度も消して、寝続けてしまった。

でも、「そんなくだらない言いがかりをつけないでほしいものだ」と著者は言うだろう。なにしろ浅田次郎という人は、どんなに遅くまで起きていても目覚ましなしで、起きると決めた時間のプラスマイナス5分以内にパッチリ目を覚ますという特技をもつそうで、目覚まし時計を使ったことがないというのだから。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-02-12(Tue) 22:30| 家族| トラックバック 0| コメント 2

コメント

DVDで観ました。

 「メトロに乗って」。予告編の時からきになっていた作品でした。1週間で借りて、何度観たかなぁ…。
 父や祖父の昔を知っても、それを乗り越えることはできないだろうなぁ、と思います。生きてきた時代が違う、と言っては、短絡的なようですが…。
 でも、私達とは全く違う価値観の変化の中で生きてきたのは確かでしょう。
 映画と原作では異なるストーリー展開なのかも知れません。私は原作は読んでいません。が、映画は映画でいい作品に仕上がっていたように思います。
 私達世代にとっての「おやじ」は不思議な存在なのかも知れません…。それほど激変の世代を生きてきた存在なのではないでしょうか…。

2008-02-12(Tue) 23:56 | URL | うっちゃん #-[ 編集]

*うっちゃんさん

映画もあるんですねー。私は映画は見てないので、今度借りてみまーす。

2008-02-13(Wed) 20:47 | URL | sarah #vxDWtWfo[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/224-0d32104a

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。