プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

何がいいの? オーガニックコットン

昨日、ワタを糸にする講座に行ってみたのは、このところコットン(オーガニックコットン)に興味をもっているから。

オーガニックコットン製品はずいぶんふえているけど、なぜオーガニックコットンがいいのか。
残留農薬がアトピーなどを引き起こすのではという説もあるけど、実はそれより問題なのが、

地球上の耕地面積の 約2.5%にすぎないコットン畑に、全世界で使われている殺虫剤の約16%、 農薬全体の約10%が使用されている

   People Tree「Wear Organic! オーガニックを着よう!キャンペーン」
   オーガニックコットンって何?

とか、

綿棒の頭ひとつ分のコットンを育てるのに、2.5リットルの水が必要だと言われています。あるいはジーンズ1本のために、2000リットル。

   Cafeglobe「あなたのジーンズは大丈夫?」


とか、
うーん、知らないことがたくさんあるなー。

でも実際に、コットンを育てている現場を見に行ったり、たくさん農薬を使うことで健康を害している人に話を聞きに行って、「やっぱりそうなんだ」というのは、個人では簡単なことじゃない。

何がほんとうか。信頼できる情報を探すことなんだけど、これまた信頼できる情報かどうかを見きわめるのがむずかしかったりする。

オーガニックコットンとうたわれていればオッケーかというと、「オーガニックコットンは全コットンの0.1%にも満たないのに、こんなにオーガニックコットン製品が出回っているのは不思議」という話もあるし、「某国では、オーガニックコットンの認証機関が調査に入るとき、その一部だけを有機栽培に見せて(その一部だけを有機栽培にしておいて だったかな?)、ほかでは農薬を普通に使ってる」なんていう話も。

日本オーガニックコットン協会でも

日本で販売されている「オーガニックコットン製品」が本当にオーガニックコットン製品かどうかをチェックするには、その産出国の認証機関に問い合わせるより他に方法がありません。

と言っている。

というような事情がわかってくると、オーガニックコットンとは何ぞや? 
とか
ほんとにオーガニックコットンなのか? っていう方向で考えてるのが、ちょっとしんどくなってきた。

農薬被害が大変なんだ! といわれて、ふーんそうか……と思ってもそれはちょっと遠い世界の話みたいに感じたりして、そんなふうにしか受け止められないのってイカンよ私、と思ったりもする。これもしんどい。

で、ちょっと目先を変えて、
「だいたい、コットンって、どうやって生産されるの?」
と考えてみたら、ガンジーが糸車まわしてる写真しか思い浮かばない。

えーと、ガンジーは糸車で、糸を紡いでるんだったはずで、ワタは最近花屋さんでも売ってるけど、あのホワホワのワタから糸にするのって、どうやるんだ? あ、蚕の繭から糸を取るのと同じ要領なのか?

そういえば『天の虫天の糸―蚕からの着物づくり』で結城紬の蚕から糸を取り、織物にする工程が、それぞれの熟練者のインタビューを交えて丁寧に描写されていたけど、あれ、めちゃめちゃ大変そうだなー。

そんな風に考えていたところに、「棉から綿へ」という講座を知ったので、「自分で経験してみるのがいちばんのはず」ということで、昨日に至ったわけ。

もちろんオーガニックコットンだって、糸をとるのは機械化されてるんだろうし(←これも現実を知らないけど、いくらなんでも機械化だろうなと思ってるだけ)、自分でTシャツでもつくってみるかなんて大それたことを考えているわけじゃない。

でもね、やってみることって、大事だと思う。

実際やってみて、糸を紡ぐってことは私にとっては偉業だってこともわかったし、ワタを摘むのだって、昨日はちょっとだったけど、これたくさんやるのはたいへんだなーと思ったし、私が着てるTシャツだって、下着だって、そうやって尽力してる人がいるからできるんだよなーと、うっすら感謝の気持ちもわくわけです。

そうするとね、私が着てるものをつくる人が健康を害してたらやだなとか、私はたまたまここに生まれて暮らしてるけど、もしかしたらコットン畑にかり出されてる子だったかもしれないと思ったりもするんですね。

で……結論らしきモノはないし、ここで「ワタから糸を紡ぐのって楽しいからオススメ」なんて言ってみても、全然説得力ないんで、えーとどうしよう……、あ、とりあえず昨日もらったワタの種は5月になったら植えてみようかなと思ってます。
たくさんあるので、ほしい方にはお分けしますっていうことで、幕 (^^;;





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-01-27(Sun) 19:07| エコとかLOHASとか| トラックバック 0| コメント 2

コメント

本当に、何を信じたらよいかわからない世の中ですもんね。古紙の入ったリサイクルペーパーだと思っていたら、まっさらさらの紙だったり、国産と思っていたらよその国の物だったり...
私も「オーガニックはいい」(←自分にも他人にも地球にも)と思いつつ、「こいつ本当にオーガニックなのかよぅ?!」なんて疑り深くて、つい安易な(=安価な?)方に流れてしまいます。

まずはやってみる、これって私もすごく大切だなーと思います。特に私みたいのは、やってみてわかる!ということがとても多い気がします。
「大変だろう」と頭で思っているのと、本当に大変だ、と体験するのって大違いですね...

2008-01-28(Mon) 13:34 | URL | FORTUNE #zfUK69Hk[ 編集]

*FORTUNEさん

奄美でつぎつぎいろんなことにチャレンジしてるFORTUNEさん。やってみてわかる!ってこと、たくさん経験してますよね(^^)

2008-01-28(Mon) 22:56 | URL | sarah #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/207-97128806

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。