プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

娘の引越と久しぶりの自分の部屋

8月末に娘が家を出た。

これまで家からお引き取りいただいた人や勝手に出てった人はいるけど、曲がりなりにも「独立」という形で送り出したのは初めて。

引っ越し先がそんなに遠くないこともあってか、ダラダラ何日もかけて引越をするのに呆れて「明日、ほとんど運ぶからね!」と引導を渡し、「片づけは自分で少しずつやる」というので後は任せた。




「大学になったら家を出たい」と言っていた娘。それでも「大学2年か3年になってから」と思っていたらしいので、夏休み前に「夏休み中に家を出なさい」と言われたときはびっくりしたようだ。

家にいるなら家族として家のことを手伝うのは当然。いろいろな状況は理解しても、いれば頼りにもする。でも親の都合通りにはいかない。お互いにそのストレスを抱えていくのは辛い。

幸い、奨学金ももらっていることだし、あとはバイトで稼いでやってみなさい。
女の子だし、心配はあるけど、いくつになってもその心配がなくなるわけじゃない。

いちばん寂しがるのは弟。なにしろ生まれたときからお姉ちゃんがいたわけだし、娘をいちばん頼りにしていたのは弟だ。娘もずっと「小さいお母さん」として頑張ってきてくれた。もうそろそろ自由にしてやってもいいだろうし、弟には自立に踏み出してもいい時期だ。

あれこれ思いめぐらせていたけれど、10日が過ぎ、娘も弟も大過なく過ごしている。案ずるより産むが易し。


娘の引越での副産物が私の部屋。考えてみれば10年以上、私は個室をもっていなかった。仕事部屋はあるけれど、それは共有スペースのようなもの。自営業だから仕事が完全にオフになることはないのだけれど、「取りかかり中の仕事」から離れたスペースがあるのはうれしい。

押し入れにしまい込んだままにしていた本を引っ張り出し、眠りにつくまでのわずかな時間、懐かしい本を手にすると、しあわせな気分で眠りにつける。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2007-09-07(Fri) 18:22| 家族| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/142-907004e1

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。