プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夏越大祓

nagoshi_1
 6月晦日の今日、半年間の罪や汚れを祓うという
 夏越(なごし)の大祓に行ってきた。







1週間ほど前から、本殿の前に茅で編んだ茅輪(ちのわ)が用意されていた。
社務所で受けた形代に名前を書き、交通事故で痛めた首や腰を撫で、
息を3回吹きかける。家族の分の形代も同じように用意し、神社へ。

時間になると、宮司さんがまず、穢れを祓う木の前で祝詞を奏上。
続いて宮司さんを先頭に、50人ほどの参列者が茅輪くぐりを行う。

nagoshi_3 茅輪をくぐるとき、宮司さんが
「みなづきの なごしのはらいするひとは
 ちとせのいのち のぶというなり」と唱える。

(写真は大祓が始まる前に各自くぐっている様子)



nagoshi_2
 くぐって左に回るときは左足から、
 右に回るときは右足から。

 







拝殿へ上がって形代を納め、打ち出しのような太鼓を合図に大祓が始まる。


norito 拝殿では大祓の祝詞が配られ、参列者も一緒に奏上。
 
 カタカナでルビが振ってあるとはいえ、読むのは難しい。
 老眼鏡を持っていかなかったというのもあるけど、
 どこで句切れるのか分からないので、
 息継ぎするポイントがわからない。




途中で、大祓の神事として、宮司さんが形代を納めた箱を開け、
布のようなものを裂いて入れている様子。

最後に榊を奉納して終了。

その後の宮司さんのお話によると、神事では祝詞の
「天都菅麻乎本刈断末刈切里氏八針爾取辟伎氏」
アマツスガソヲ モトカリタチ スエカリキリテ ヤハリニトリサキテ
にならって、布を八つに裂き、麻を裂いて箱に納め、
形代を浄めたということだった。

麻というのはイネ科の植物で,コメのように実が穂となるので、
コメをお浄めにまくように、麻を裂いて浄めるのだという。

その話を聞いて、先日から読んでいる本に書いてあったことを思いだした。

麻というのは、いまは大麻取締法によって栽培が非常に制限されているが、
実は土地を浄める力があるという。農薬や化学肥料で疲れ果てた農地に
麻を植える。3年経つと、完全に地力が戻るというようなことが書かれていた。

古来、夏に麻を着るのは、涼しさだけではなく、疫病などが流行るこの季節に、
身体を浄めて守ろうとする祈りが込められていたのではないかと著者は書いていた。

麻の栽培の話は別の機会に譲るとして、夏越大祓は無事終了。
これで今年前半のさまざまなことが終了し、
後半は少し安らかに暮らせますように!


↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2007-06-30(Sat) 17:26| 季節| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://esarah.blog17.fc2.com/tb.php/141-6803d0d7

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。