プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

続・沖縄コーヒー

昨日名護コーヒー、今朝は普通通りに淹れてみました。

抽出直後は「あー やっぱりあっさりしてるー」

ところが、2,3分すると
「あれ? 味が変わった!」

不思議ですねー。
コクが出てきた感じ。
抽出したコーヒーの状態が落ち着いたんでしょうか。。。

深煎り好みの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、
薄め、あっさり系が好みの方にはいいんじゃないかな。


昨日の記事で書いた↓

こちらのサイトには書いてないけど、某ショッピングサイトでは無農薬コーヒーと紹介されてます。


について、名護コーヒーさんからメールをいただきました。

沖縄のコーヒー畑には害虫がおりません。
16年目になりますが農園に消毒、除草剤、化学肥料は一切散布していません。
葉っぱに少し穴があくことがございますが犯人はカタツムリです。
でもコーヒーの葉を全部食べることは無いので安心です。
無農薬で有機栽培しております。




1000坪の畑に300本のコーヒーの木があるそうです。
コーヒーの花が満開になって、その上品で格調ある香りに囲まれて飲むコーヒーは最高だそうです。

うーん、行ってみたい!
でもコーヒーの花は2日で終わってしまうそうなので、賭け、ですね。。。




スポンサーサイト

↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-31(Tue) 21:42| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

沖縄コーヒー

徳之島コーヒーもまだ飲みに行けてないのですが、沖縄コーヒーを買いました。

090330_1

沖縄でコーヒー園は3つあるらしいのですが、今回購入したのは名護コーヒー
こちらのサイトには書いてないけど、某ショッピングサイトでは無農薬コーヒーと紹介されてます。

豆自体の香りは、割とあっさりしています(もちろんしっかりコーヒーの香りですよ)。


さっそく淹れてみました。

090330_2

って、コーヒーの味と香りは写真じゃわからないですね(^^;;

香りはさわやかで、味もあっさり。あっさりというか、すっきり。

夜なので軽めに淹れたので余計かも。


いま使っているドリッパーは、こちら。

090330_3

円錐形で、落とし口はおっきな円です。

090330_4

内側は螺旋状に筋(?)が入っていて、注いだお湯がまんべんなくまわるようになっているそうです。最初は、円が大きいのでビビったけど、重くならずに淹れられるので気に入っています。

ドリッパーの特性としてコーヒーが重くならないので、豆をちょっと粗めに挽いたから余計にあっさりになったのかもしれません。

しかし、このごろは夜、しっかりしたコーヒーを飲むと眠れなくなるので(^^;;
明日の朝、もう一度、こんどはもうちょっと挽き方を細かくして淹れてみましょう。






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-30(Mon) 21:51| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

イシカワガエルのオーガニックコットンTシャツ

Googleアラート「オーガニックコットン」から。

携帯電話向けグリーン・コマースサイト『ReEarth(リアース)
で絶滅危惧種5種(イシカワガエル、ラッコ、コモドドラゴン、マナティ、ゴールデンモンキー)のプリントオーガニックTシャツを販売。

■デザインコンセプト
絶滅危惧種。と言われても、正直ピンとこない。そりゃ、絶滅したらかわいそうだとは思う。でも、どうしたらいいのか、わからない。そもそも、なにかをするべきなのかどうか、さえ。人間のせいで環境が悪化し生態系のバランスが崩れ…という話を聞けば、そりゃ、心もちょっとは痛む。でも、人間が種の生き死にをコントロールできると考えるのも、一方でおこがましい気もする。どうすりゃいいの?という思考停止。フツーの人がそんな意識でいるのだとしたら。
SAVE!とか、彼らを助けなきゃ!とか、そういうものはちょっと違うかもしれない、と思った。このTシャツが、意識の高さをアピールするためだけに着られるのも、なんかイヤだ。軽い気持ちで、絶滅危惧種とか自分以外のことについて考えるきっかけになったり、フツーに着れたり。そんなTシャツだといい。



「軽い気持ちで、絶滅危惧種とか自分以外のことについて考えるきっかけになったり、フツーに着れたり。そんなTシャツだといい。」

この肩肘張らないスタンス、いいな。


090328_1
(画像は『ReEarth(リアース)』のサイトから)


イシカワガエルのオーガニックコットンTシャツ(¥5,400)
メンズレディース





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-28(Sat) 15:27| エコとかLOHASとか| トラックバック 0| コメント 0

人生やばくなったときに……


090327_1 





 『BIG ISSUE』
の最新号を見つけて購入。


特集「生きのびる Part1」は、NPO法人ライフリンク代表の清水康之さんと文化人類学者で『生きる意味 』(岩波新書)などの著書がある上田紀行さんの対談。

ライフリンクは、自殺対策について幅広い活動を行っているようだ。

対談の中で、なるほどと思ったのは、要約すると……

 人生やばくなったときに、誰かが助けてくれるという共同体への信頼感や、
 話を聞いてくれる人がいなくても、ドツボになったら助けてくれる
 場所があるんだということの確信がもてるかどうか。

上田氏は、スリランカの悪魔祓いの例を挙げている。

 スリランカの農村では、孤独になって“私”は周りから見捨てられたとか人に悪意をもたれていると思う人は、悪魔つきになってしまうんですよね。
(中略)
 こればもう徹夜の悪魔祓いで、踊りがあったり歌があったり、そして最終的には村人と漫才大会みたいなのが悪魔のお面つけた者で行われて、どんちゃん騒ぎみたいになって、みんなで笑い合う。
 そうすると、“私”の悪魔祓いなのに村人がこんなに何十人も何百人も集まってくれるんだなぁ、世界が“私”を見ている目線というものがサポーティブな目線であり、その向こう側に仏さんの目、仏さんの慈愛というものが満ちあふれているんだなぁと“私”は感じることができて回復していくんです。




この行を読んで、「あれ、これって……」と思った。


その「これって」を確信できたのが、『沖縄力の時代』(野里洋 著 ソフトバンク新書)。

 著者の野里洋さんは1942年、石川県金沢市生まれ。
 67年に琉球新報社に入社し、
 69年、米軍統治下の沖縄の本社へ転属。2006年退社。
 もう40年沖縄に住んでいて、「自分では
 ウチナーンチュ(沖縄県人)になったと思っている」
 と書いている。

 この本は、野里氏のジャーナリストとしての経験から、
 沖縄の歴史や伝統、文化、経済問題、基地問題などを
 幅広く、ときに厳しい口調で語っている。




この本の最後の方に、模合(もあい)についての記述がある。

小さな島でウチナーンチュは助け合って生きているが、模合は助け合いを繋いでいるネットワークのようなものだ。これがいまも全県を覆っている沖縄と、頼母子講が稀薄になり、ほとんどなくなってしまった本土では、人々の横の付き合い、支え合いの強度が違うと思う。



うん、やっぱり。


これで沖縄の自殺率が低ければ……と思ってこれを書きながらちょっと調べてみた。
あらら、2007年度の都道府県別だと31位、決して低くないじゃないですか。
しかも男性は全国2位。あ、でもこの記事によると、女性は全国最低なのか。

うーん、一概には言えないのだね。

でも私なんか、やっぱり加計呂麻でボーッと海を見てたりすると、なんだかわからないけど「大丈夫」って思えたり、どうしようもないようなときに、フッと島の友だちとか、どっかでちょこっと立ち話したじいちゃん、ばあちゃんのやわらかーい表情が浮かんでくると、「私には島がある」って涙しながら立ち上がれたり。。。

それが、帰れる場所とか、助けてくれる人や場所があるってことなんだよね。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-27(Fri) 23:22| 本とか映画とか| トラックバック 0| コメント 0

卒業しました

今日はムスコの卒業式。

090324

5クラス、194名への卒業証書授与はサクサク進みます。

7年前、ムスメの卒業式のときは、中学の制服を着る子が多かったのですが、うちは中学、制服のない学校に行くので「みんな制服だったらどうしようか」。ちょうど(?)父の葬儀のときにスーツっぽい上下を買ったので、それで間に合わせることに。でも「ネクタイはぜったいヤだ!」というし、体育館は寒いので、ワイシャツの下にハイネックのセーター着用(帰ってきてから「あはは、後ろ前だったよ~」 おぃおぃ、中学生になるってのに大丈夫か?)

ところが今回は事前に配られたお知らせに「中学の制服は着用しないように」。多くの子は今日のためだけの服を調達したんですね。

は11月後半からほとんど学校に行かなかったので、担任の先生はが卒業式に出席するか心配だったようです。

でも、学校に行かなくなったとき、から
「卒業式だけは出なさい。そのときまわりから、あんなヤツいたっけ?とか言われても、卒業式っていうのはそれまで育ててくれた人やお世話になった人に『卒業します』っていう報告をするときなんだから」と言われ、もそれは納得して約束したので、みんなと一緒の卒業式になりました。

入場のときはちょっと緊張してるようだったけど、卒業証書もらって席に戻るときも、退場のときも、ものすごい晴れ晴れとした顔してて。それを見て「あぁ、それだけキツかったんだな……」と改めて思ったり。



それにしても、小学校の隣の保育園で1歳から一緒だった子たちの小学校卒業。
みんな、大きくなったねぇ。。。いろんなことがあったけど、過ぎて、振り返ってみればあっという間。

この子たちが、これからもつつがなく育っていけますように。








↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-24(Tue) 19:32| 家族| トラックバック 0| コメント 3

あまん夕で

土曜日に「あまん夕」行ってきました。

なんかね、しみじみしちゃった。

我那覇美奈ちゃんはもうデビューして12年だそうで。
私が奄美に頻繁に行くようになったのが2002年。
その頃、「何年か前(1998年)に16歳でデビューして」って聞いて、その年の「熱闘甲子園」のテーマソングを歌ってたんだよね。
元気な声は当時の印象のままだけど、堂々とステージに立ってる様子から、12年間がんばってきたんだなーって、ジンときちゃった。

ネリヤ☆カナヤのおふたりは、相変わらず元気でMAYUMIさんの手踊りの美しさには見惚れてしまうけど、後で聞いたらヒラタさん、ギックリ腰持ちだからコルセットして歌ってたっていうし。

かえって、2002年すでに堂々と島唄を唄っていた中村瑞希ちゃんが、ポップスを、歌っているときはいいけど歌の合間はすごーく恥ずかしそうで初々しかった。ハシケンさんに「その初々しさがいいよね」と言われて、困ったように笑ってたけど。
やっぱり島唄は、歌詞の意味がわかっていても普段使う言葉じゃないとか、島唄の世界っていうのがあって、そこに慣れてるから平気でも、普段使っている言葉でポップスを歌うっていうのは、ぜんぜん違うことなんだろうな。

02年はまだ高校生だったかな、「スゴイ子がいるよ」と言われた中孝介くんの、話に聞いていたオッカケの方々も初めて見たし。


顔見知りとか、ついこの間島で会った人とか、ずいぶん久しぶりの人にも会えて。
だれかが「こうやっていろんな人に会えるから楽しいよね」と言ってたけど、少しそれがわかった気がした。

何年ぶりとか、あぁもうあれから何年経ったんだとか、そういうことが再確認できる場。
自分がトシ取ったな、って思うこともあるけど、それがマイナスじゃなくて、年月が経ってまた会えること、あの頃と同じ笑顔で会えることが、素直にうれしい。

島のイベントの楽しさって、年月をかけて熟成されていくものなのかもしれないなー。。。








↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-23(Mon) 11:07| 奄美| トラックバック 0| コメント 0

「ウミガメが教えてくれること」

21日15:30~16:55
MBC「ウミガメが教えてくれること
(TBS系列で放映)

MBCではウミガメプロジェクトをやっていて、その一環として明日、上記の番組を放送。

番組ナビゲーターとテーマソング「遠い海へ旅に出た私の友達」は元ちとせ。



あまん夕の開場が17時じゃないですか。
これは録画、ですね。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-21(Sat) 00:36| お知らせ| トラックバック 0| コメント 0

徳之島は、徳之島

090320_1

徳之島のむち黒糖 よもぎ入り


袋の手ざわりが「?」だったので、中身を出してみました。

090320_2


この粗っぽさ。



むっちりした黒糖に、よもぎの爽やかさ。
おいしいです。

Mさん、ありがっさま!






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-20(Fri) 23:04| 奄美| トラックバック 0| コメント 0

『奄美自立論』発刊


090319_1


あちこちのブログで取り上げられている喜山さんの『奄美自立論』、いよいよ発刊になりました。

以下、南方新社からのお知らせです。

ーーーーーーーーー

『奄美自立論 四百年の失語を越えて』刊行のご案内

冠省
平素は、図書出版南方新社の出版活動にご理解、ご支援いただきましてありがとうございます。
このたび小社では、『奄美自立論 四百年の失語を越えて』の刊行準備を進めています。
今年2009年は、歴史的な年です。と言うのは、
1609年、薩摩島津軍に侵略され、植民地化されてからちょうど400年になるのです。
現在に至るまで奄美は、琉球ではない、大和でもない、と二重に疎外されてきたといえます。
本書は「二重の疎外」の構造と由来を追い、それをどのように克服するかを、記すものです。
また、本書は1609年以降の奄美近世、近代の歴史を整理した、貴重なものでもあります。

このメールにご返信にてご注文の場合は、1)特別価格、2)送料無料、3)郵便振込用紙同封にてお送りいたします。

よろしくご検討ください。

――――――――――――――――――――

注文票

書名:喜山荘一著『奄美自立論 四百年の失語を越えて』

冊数:定価2100円(税込み)のところ
    特価1800円(税込み)を(     )冊
氏名:
郵便番号:〒   -  
住所:  
電話番号:
メール:
――――――――――――――――――――


ご注文は、上の「注文票」部分をコピペして南方新社へメールしてください(ただし特価になるかどうかはわかりません ^^;;)。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-19(Thu) 12:13| 本とか映画とか| トラックバック 0| コメント 0

やっちゃば農園のタンカン

福元盆地にあるやっちゃば農園の畑に行ったのは、3年半前になる。

あのとき、植わっていたタンカンは10本ぐらいだったろうか。それからみんなで整備した畑にも増やしたと聞いていた。ときどき、「あの畑のタンカンはどうしているかな」と思っていたけど、いまだに2回目の訪問は実現していない。

今年、タンカンの季節が始まった頃、やっちゃばの岡山さんから荷物が届いた。

090314_3

うれしかった。

愛おしいようなタンカン。食べてしまうのがもったいないくらいだ。
まだ若い味が初々しく、瑞々しい。


私が知らない間にも、ちゃんと実を付けるようになっていたタンカン。
まだ実の数は少なくて、収穫も1時間ほどで終わってしまったと言うけれど、来年、再来年と味にも深みが増していくことだろう。楽しみがまた、増えた。








↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-14(Sat) 16:12| 奄美| トラックバック 0| コメント 0

道の島農園の黒糖詰め合わせ

先週、あまみエフエムからメールが。

あまみエフエムです。

毎週、リスナーと賛助会員の皆様の中から抽選でプレゼントをお送りしております。
今週は、山川様が当選いたしました。

おめでとうございます。


え、これって、前にFortuneさんが当たったっていう、サプライズプレゼント?

そう、あまみエフエムでは毎週リスナーと賛助会員を対象にプレゼントをしているのですね。島の人じゃないのに、送料かかるのに、なんか、申し訳ないなぁ……と思いながらも、いただいてしまいました (^^)

喜界島、道の島農園「黒糖一番館」の詰め合わせ

090314_1

箱から出してみると、出てくる、出てくる!

090314_2

黒糖7種類、ゴマ菓子、タンカン。

Fortuneさんの記事を見てから、一度試食用セットを購入したことがあって、それぞれの黒糖のおいしさは体験済み。またこれが食べられるのは、うれし~です。


あまみエフエムさん、道の島農園さん、ありがとうございました!





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-14(Sat) 16:10| 奄美| トラックバック 0| コメント 2

東京で徳之島コーヒーが飲めますよ

徳之島でコーヒーを作っている人がいるらしい。
いつ、誰に聞いたのか忘れてしまったけど、
いつか飲んでみたいと思っていた。

そう書いて、思い出した。
名瀬のアーケード街に、徳之島コーヒーが飲める店があったんだ。
そこのご主人が亡くなって、「あの店はどうなるのかな」
という話を聞いたが数年前。どうなったかな。


名瀬の店はいまだにお邪魔したことがないけれど、
昨年11月、東京で徳之島コーヒーを飲む機会に恵まれた。

090303

場所は三軒茶屋のカフェ マメヒコ
主催はコーヒー豆の焙煎販売をおもに行っているグラウベル

貴重な徳之島コーヒー。しかも08年産の豆を丁寧に焙煎し、
いちばんおいしく飲める淹れ方を何度も試行錯誤したというだけあって、
ほんとにありがたい機会だった。

日本茶の器のようなカップに、たっぷりとはいえない分量のコーヒーを
少しずつ、愛おしむようにいただいた。

味、風味、後口。なんて「徳之島」なコーヒーなんだろう。
そうとしか形容のしようがなかった。


そんな徳之島コーヒーが、東京で飲めるという。

Cafe Douce Ebis(恵比寿)
CORB(後楽園)
ささら(三鷹)

いずれも4月ぐらいまで。
みなさん、お早めに!






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-03(Tue) 23:11| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

お気に入りはルリカケス?

『奄美自然劇場*いきもの映像図鑑』を見ていたら、
私以上に熱心に見始めたのが、うづ。

イボイモリ、ガン見

090303_1

ルリカケス、前のめり

090303_2

そして……

090303_3


そぉぉぉぉっと、手を伸ばしてました(^^;;





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-03(Tue) 02:34| うづら| トラックバック 0| コメント 1

そんなもんなの?

確定申告、出してきました!

Win用の会計ソフトでサクサク青色決算書を作れるはずが、
ちょこちょこ引っかかりながらだったり、
やっとできた! と思ったら「貸方と借方があっていません」とメッセージが出たり、
なぜか3枚プリントすると紙詰まりするプリンターに手を合わせながら頑張ってもらったり……

そんな10日間の努力を、「ほんとにこれで大丈夫かな」との不安とともに提出。

すると、ですね。

担当者は、チラッと申告書をめくって、
源泉徴収票が貼ってあるの確認しただけで
受領印をポン、ポン、ポーン!


え? そんな簡単なの? 
それって、メクラバンっていわない?

唖然としてる私に「還付金についてはこちらのご案内を」と
お知らせ渡して「はい、ご苦労様でした」


提出場所がすいていたこともあって、所要時間は5分程度。


ま、あれこれ突っ込まれるよりはいいんですけど……
「うーん」と悩むこともなかったのかぁ???










↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-03(Tue) 00:14| 仕事とその周辺| トラックバック 0| コメント 2

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。