プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

近況報告


先日父が倒れまして。胃潰瘍からの出血ショックで意識不明になってたのを見つけて救急車で高度救急救命センターに。入ったときは、意識は戻らないだろう、生きてるうちに家族に会わせたければ呼んだ方がいいと言われたのですが、医者もびっくりの快復力で意識が戻りました。

10日ほど入院してから、前からかかっていた別の大学病院へ転院。

出血による脳梗塞で左半身が動かなくなっていて、ことばもあまり聞き取れないけど、落ち着いてきてるからリハビリをというときに、また胃潰瘍から出血して血圧低下しては輸血と昇圧剤でなんとか持ち直しを繰り返しています。

先週の中頃には「何か食べたいものありますか?」という医者の問いかけに「ビール」と答えた大馬鹿者。いまは水も胃に行かないようにしてるのに。

昨年、母が亡くなるときに父も倒れて入院し、6月末に老人ホームで落ち着くかと思ったら、「こんな年寄りばかりのとこにいられるか」(父は83歳)とマンション独居に戻ったのが10月末。「ひとりでマンションで倒れてても、だれも発見できないんだよ」にいつも通り根拠のない「だいじょうぶだ!」とほざいたのに、危惧した通りになりました。

ひとり暮らしで、食事は馴染みのレストランかスーパーのお惣菜。その食生活のおかげもあって低栄養状態のため、胃潰瘍の治りも悪くなっています。経管栄養どころか高カロリー輸液が命綱。みなさん、食生活には気をつけましょう。

意識があるだけに、経営している会社を勝手に片づけるわけにもいかず、かといって放っておくわけにもいかず、近県にいる兄と相談しながら私が会社のハンコ係になってます。

ちなみに転院時、救急車で搬送してもらったのですが、後ろの席に横向きで乗っていた私は途中で車酔い。同乗してくれていた医師に「せんせー、キモチワルイです」と泣きついたら、救急の人が「あ、窓開けてください」。救急車の窓って開くんですね。救急車って、一種の興奮状態で短時間乗っている分には大丈夫でも、長時間揺られるのはけっこうシンドイです。

昨年、父の入院時には、「お父さんは病院で元気にしてるけど、あなたの方が倒れそうじゃないの?」と看護師に心配されたので、今回はほどほどに……ってわけにいかないかなー。






スポンサーサイト

↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-06-04(Wed) 00:16| 家族| トラックバック 0| コメント 7

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。