プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

院内スタバ

20080519214824
とある大学病院、地下にスタバが(・_・;)

たまにパジャマ姿や点滴ガラガラしてる人がいるくらいで、ふつーです。



スポンサーサイト

↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-19(Mon) 21:48| モブログ| トラックバック 0| コメント 0

2,3日休みます

昨日、濃い~数時間を楽しんでから帰宅したらちょっと事件発生してまして、数日バタバタしそう。なので、ブログちょこっとお休みします。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-17(Sat) 21:16| お知らせ| トラックバック 0| コメント 1

植樹というのは

kamezoさんにえらく感激されてしまって申し訳ないのだけど、母の記念に植樹したというのは理由があってのこと。

実は散骨したのです。

生前、母は何度も「妙高が見えるところに散骨してね」と言っていました。
小さい頃から思い入れのあった妙高。話がうまく通じなくなってからも、妙高というとほんとにうれしそうに「行きたいなー」と顔を輝かせていました。

結婚してからの母が、しあわせだったのかどうか、私にはわかりません。ただ、義母と、何があっても義母が正しいとする父には、私には想像できないほど苦しみました。そして「死んでまで同じところにいるのは絶対にいやだ」と家の墓に入ることを拒み、私が中学のころから「妙高に散骨してほしい」と言い始め、それは妙高でお世話になっていた人にも何度もお願いし、あちらの役場にも散骨するにはどうしたらいいかを問い合わせたりしていました。

父にも「私は一緒のお墓には入りません。妙高に散骨してください」と言い、父も「勝手にしろ」と言っていたし、母が亡くなってから「散骨するから」と話したときも「そう言ってたな」と言っていました。

それで、火葬場で焼いた骨を、去年、散骨用にパウダー化してもらいました。さすがに骨のままじゃ散骨できませんから(知らずに掘り返した人がいたらビックリするし)。

これは葬儀会社がやってくれたんですが、そのときに散骨について
  • ●容器に入れない(容器に入っていると、何十年後とかに事情を知らない人が掘り返して「なんだこれ?」になる場合がある)
  • ●散骨した場所の目印に、木を植えるといい。ただし、まわりにたくさん同じ木があるとどの木の根元だったかわからなくなる。本人が好きだった木がいいが、植える場所に適した木を選ぶこと。できれば2,3本植えると、1本が枯れてもスペアになる

と教えてもらいました。

最初は母が好きだったコブシを考えたんですが、ちょうど花が終わった時期でいま植えるのには適さないということだったので、ほかの候補の中から母も好きだったハナミズキを選びました。複数本にはしなかったけど。

パウダーにしちゃうと、小麦粉みたいです。量も、小麦粉用のスコップで2~3杯分ぐらい。そんなもんになっちゃうんですね。というか、そんなもんなのに、よくこのカタチになってるなーと思いました。


今回、兄が苗とスコップは買ってきたのですが、植えようとした場所は枯れたカヤがたくさん重なっていて歯が立たなそう。立ち会ってくれた現地のOさんが、ほかの人に「植樹するから」とパワーショベルで掘ってもらってくれました。

ところが50センチも掘ると、コンクリートを削るような音がして、重機の方が持ち上がってしまいます。私たちが「ここは無理じゃない?」と話してると、「この辺はどこ掘っても同じですよ。すぐ岩盤に当たる。火山岩です」。

妙高は休火山。いまは10メートルもあるような杉林があり、緑に覆われているけれど、表面を見てるだけじゃわからないんだなーと痛感しました。パワーショベル、出してもらえてよかったです。なかったら、たぶん植えられなかったでしょう。

ここで根を張れるのかどうか不安だし、雪対策をぜんぜん考えていなかったのでまた雪が降る前に支えをしに行かないとですけど、母の遺志をかなえられてよかったと思っています。

そして、生前に散骨してほしいほど好きな場所に出会えた母は、たぶん少しはしあわせだったのだろうと思います。






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-14(Wed) 23:37| 家族| トラックバック 0| コメント 2

母の一周忌に

母が大好きだった新潟県の妙高高原に行ってきました。
myoko


山がきれいに見えたところで、母の記念にハナミズキを植樹させてもらいました。

shokuju


ここは冬、雪深い場所なのでこのままでは雪に倒されてしまうため、雪が降る前に囲いをしておかないといけません。それはまた改めてということで、とりあえず、今日は植樹だけ。

母の生前からお世話になっていたOさん、ありがとうございました。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-12(Mon) 22:00| 家族| トラックバック 0| コメント 2

つなぐ場

奄美なカフェを考えていて、奄美以外の要素も入れたいと思うのは、奄美を閉じた世界にしたくないからかもしれない。

というのは実はこじつけで、単に私の興味や関心のあることがらを自分でつなぎ合わせてるだけかもしれないけれど。

奄美をキーワードに、広がる世界。
たとえばこんなつながりもできるよという提案。
それがフェアトレードだったり、スローだったり。

フェアトレードということでいえば、サトウキビや大島紬だってアンフェアトレードされてきたわけだから、奄美とぜんぜん関係ないことじゃない。フェアトレードって、外国とのことだけじゃないと思う。いまでも奄美は内地とアンフェアトレードになってるものがあるかもしれないし、それは奄美だけじゃなくて地方や伝統工芸品には共通した問題かもしれない。

奄美には、世界とダイレクトにつながっていた時代があった。私はそれを羨ましいと思う。奄美の人のDNAの中には、目の前の海から大洋へ、見知らぬ世界へ漕ぎだしていった人たちの勇気が伝わっているはずだから。DNAの中に含まれているものは、ふだんは表出することはなくても、何かのきっかけで飛び出してくる。それを私は知っている。

六調の太鼓が鳴り出したとたん、踊り出す。じっとしていられない。からだが喜々として動き出す。それは理性とか思考とかではなく、ずっと受け継がれてきた何かをもっているからだ。


小さな場所でもいい。最初は少ししかできなくてもいい。でも、奄美が世界とつながっていることを確かめられる場をつくりたい。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-11(Sun) 22:21| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

売るのは何?

物語のあるものを売りたい。いや、ものを通して物語を伝えたい。

たとえば、ジャカランダ農園のコーヒー。ジャカランダ農園のカルロスさん。この人にはものすごい物語がある。でも、奄美なカフェでなんでジャカランダ農園? 

奄美の魅力。それは人だと思う。人には物語がある。物語を紡ぎ出す人がつくるものにも、物語がある。その物語が、商品の付加価値になる。

たとえば朝日酒造の「陽出る國(シマ)の銘酒(セエ)」、富田酒造の「まーらん舟」。

ジャカランダ農園自体は奄美とは関係がないけれど、物語があるという共通点がある。どんなものも、最初は物語があったはずだ。

物語のあるものは、人を物語に引き込む。
私は奄美を歩きながら、そういう物語を聞き集めているのかもしれない。売るものだけでなく、島の人と海を見ながら話したときの情景も、物語になる。

奄美なカフェで伝えたいのは、島の何気ない物語。聞いた人がその物語を見に行きたいと思えたり、自分なりの物語をつくりに行きたいと思えるような、そんなきっかけをつくれたらいい。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-10(Sat) 22:33| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

聴診器ブック(5/11 加筆修正)

聴診器ブック』って知ってました?

聴診器というと、当然健康管理なんだけど……。

私が自宅に聴診器があったらやってみたいのは、木の水音を聞くこと。

この本は健康管理用なんだけど、私は奄美に絶対持っていくな。
で、ガジュマル、アコウ、デイゴ、ヒカゲヘゴ、アダン……いろんな木の水音を聞いてみたい。

木の種類や植わってる場所によって、水音は違うんだろうか。




...read more
↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-10(Sat) 21:26| モラタメ| トラックバック 0| コメント 2

ヤク拒否

うづらが、またケガしました。

4日に病院で薬をもらったんですが、ヤク入りまんまは食べません。
連休中は食欲も激減し、右前足が腫れてぜんぜんつけない状態に。

昨日、再診して消炎剤を注射し、数日通うことになりました。
病院で怒る元気はあるんですけどね (^^;; なにしろお医者さん3人がかり(ふたりはしっかりグローブ、もうひとりが注射係)で、診察室出たとたん待合室の人と犬たちの注目の的に。
診察終わってバッグに入っても、帰宅してもしばらくは怒ってるので、触らぬうづに……です。


注射はずいぶんきくようで、昨晩は足をつけるようになって、コソコソいたずらしては走って逃げられるまでに。

それでもやっぱりまだだるそうに寝てるし、食欲もいまひとつ。
少しは懲りたり、しないんだろうな……。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-09(Fri) 14:25| うづら| トラックバック 0| コメント 4

『わらの家』に平瀬マンカイ

wara_no_ie cafeslowでみた本。
 店内閲覧用の本、『わらの家 (くうねるところに
 すむところ―子どもたちに伝えたい家の本)
』。
 今日はメガネを忘れたので文字を読むことは
 できなかったけど、ゆっくり読んでみたい本。

 パラパラとページをめくっていたら……



wara_no_ie_in ありゃ、平瀬マンカイ!
 こりゃ、ますます読んでみなきゃ。













↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-06(Tue) 22:44| 本とか映画とか| トラックバック 0| コメント 0

cafe slowへ行ってきた

cafeslow 前から行ってみたかった国分寺のcafe slowへ。

 この間紹介した『スロー・イズ・ビューティフル』の
 著者、辻信一さんや中村隆市さんが世話人を務める
 ナマケモノ倶楽部と深いかかわりがあるこのcafeは、
 行ってみたい理由がいくつもあった。

 まずひとつは、ストローベイル
この変わったエントランスも内装も、藁(ストロー)のブロック(ベイル=梱包されたもの)に珪藻土を塗ってできている。要するに、藁の家。これがオオカミに吹き飛ばされるどころか、とっても丈夫で表情豊かな仕上がりになっているらしい。

cafeslow_in 店内奥の壁面。
 窪みをつくって本棚にしてあったり、
 ガラスや、ここに写ってない壁には
 サンゴや貝殻を埋め込んである。

 イスも固くなく、柔らかくなく、いい感じ。


何よりも、内部の空気がいい。清浄感があるし、肩肘張らないでいられる。
懐かしいというのとはちょっと違うけど、何というかな、いわゆる都会的なカフェで感じるぎこちなさがなくて、ありのままでいられるというのかな。それでいて、ダラダラするんじゃなくて、ゆっくりもできるし、何か動き出したくなるような気持ちにもなれる。

もうひとつは、エクアドルとのかかわり。ナマケモノ倶楽部はエクアドルとのかかわりがあって、それをこのcafeでどう表現しているのかを見たかった。

今日はエクアドル・コタカチ郡の知事アウキ夫妻を迎えてのトークセッションがあったので、メニューもエクアドル風ランチプレートなどに。

いつもエクアドルを前面に出してるわけじゃなくても、このアウキ夫妻に教えられたハチドリの物語を伝えたり、ハチドリグッズを販売したりしている。

ここで、奄美なカフェ妄想がまた広がるわけです。
どんな風に広がるかは、長くなるのでまたあらためて (^^;;





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-06(Tue) 22:42| ご近所からちょっと遠くまで| トラックバック 0| コメント 0

じょうひ餅 と ぎゅうひ は同じ らしい

この前の記事で、もぱぴさんが「ぎゅうひ餅 と じょうひ餅……」で悩んでしまった。

そうなのよね……。
この前はあえて追求しなかったんだけど、私も「食感、似てるしなー」と思ってたんです。

で、ちょっと調べてみました。

まずは農林水産省「消費者の部屋」

Q 和菓子などで使われている「ぎゅうひ」とはどんなものですか。
A ぎゅうひ(求肥)は、白玉粉と砂糖で作るやわらかい餅状の生地で、餅のようにかたくならず、日持ちします。白玉粉のほかに、もち粉を使う場合があります。
 作り方は、米と水を合わせて蒸し、砂糖を加えてねる「水ねり」、水でこねたたねをゆでてから砂糖を加える「ゆでねり」があります。砂糖の量は粉の3倍ぐらいまで入れます。一部をあめにかえることもあります。ぎゅうひを生地だけで作る流しぎゅうひや、あんを包んでうぐいす餅などに加工したり、煉切(ねりきり)のつなぎに使うなど広く使われています。
(平成16年11月回答)



先日のじょうひ餅の原材料は「水飴、黒砂糖、上餅粉」。うーん、原材料は同じみたい。

続いて鳴海餅本店お菓子の発祥や由来から

求肥(ぎゅうひ)の由来
中国で牛碑と書いて、祭礼に用いられていたものが日本に航り、牛の革のように柔ら かいところから牛皮と書かれました。また院の聞召しで「牛皮飴」を奉ったところ字を改めろとの 命が有り「求肥飴」とされました。昔は黒砂糖や赤砂糖を使用したので色が汚く牛皮と呼ばれまし たが、柔らかく弾力性があるので求肥餅とも呼ばれました。江戸時代では上杉家が、軍用食糧品と して保存が効くので、牛皮を求肥と命名したともいわれ、このころはくず粉・わらび粉・玉砂糖を 餅米粉に入れて火にかけてねり水飴を混ぜて冷やしたものでした。


昔は黒砂糖を使っていた……やっぱり同じ?
中国から伝わってきたっていうのも、琉球→奄美まで来ていて、薩摩藩に? あ、でも上杉家で軍用食糧品として使ってたっていうから、これはハズレか。

さらに、辻調理学校調理の基本技法から求肥の作り方(写真解説なのでさすがに転載できません。クリックしてください)。

こちらは水飴は使わず、砂糖も上白糖。だけど、たぶん水飴・黒砂糖・上餅粉っていったら、これと同じ作り方しかないですよね。ぎゅうひの方がもうちょっと伸びるけど、粉を練る固さが違うのかなー。水飴を使うから? でも農水省のAには砂糖の一部をあめにかえることもあるってあるから、水飴を使ってるぎゅうひもあるんですよね。。。

んー、すっきりしないけど、どうも同じモノ(近種?)らしい。


ところで、私のじょうひ餅謎は、もうひとつあるんです。

あの、外側の白いキラキラした粉みたいの、何なんでしょう?
上の作り方だと、型に流したあと、表面に片栗粉を振ってるけど、これは乾燥防止でしょうね。それにあのキラキラの粉はぜったい片栗粉じゃないもん!





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-03(Sat) 21:59| 奄美| トラックバック 0| コメント 8

羊の毛をすすぎに来てください

senshoku_hituji


ムスメの教室に貼ってあったお知らせ。

マジです。羊の毛をすすいで、紡ぐんです。この学校は高校2年でも美術が必修で、絵画・染織・木工のどれかを選ぶことになっています。
「せんしょく」と聞いていたときは「染色、楽しそう!」とガイダンスに行ったムスメ。帰宅してから「羊の毛から糸を紡いで、染めて、織るまでやるんだって! ねぇ、糸紡ぎとか織るのとか、できると思う?」
え? 糸紡ぎって、あれでしょ? へっへっへ、気の短いキミにはねー、試練だねー。

ということでムスメは木工に変更したのだけど、染色ならぬ染織には今日も驚かされています。



ところで今日、ムスコのチャレンジ6年生「地理&歴史BOOK」を見ててびっくり。

challenge_rekishi


これ、弥生時代です! あのとき学校でやってたのは、まさにこれ。2000年経っても、同じことをやってるって……弥生時代の人たちの知恵がすごいのか、2000年前と同じことをやらせる学校がすごいのか。でも糸紡ぎも機織りも、基本はこれと変わってなくて、手紡ぎ、手織りで作品つくってる人たちって、やっぱりこれをやってるんですよね。たまがりました。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-02(Fri) 22:45| 家族| トラックバック 0| コメント 0

ひっかかってるって!

080501_udu

うづのお気に入りの場所。

ここは前にテレビがあってその上が定位置。
テレビを移動したとき、うづの場所確保のために棚を置きました。

テレビの上にいたときから、なぜかここでは手を伸ばして、つっかえ棒?

まったり外を眺めてるのかなーと思うと

080501_tume

ひっかかってるってば!

おかげでカーテンがプチプチの爪痕だらけです。。。

今日はさらにこの後、両方の前足の爪3本ずつひっかけたまま立ち上がろうとして「あ、とれない、とれない」って……そこでもがくな~!!









↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-01(Thu) 22:33| うづら| トラックバック 0| コメント 2

梅の酢&カルピス

clps_ume モラタメでもらった「CALPIS/Natuluce
 梅の酢&「カルピス」。
 産地指定した醸造酢とカルピスを加え
 お酢を飲みやすくしたというので
 試してみました。

 一昨日届いたのが、庭の畑化の真っ最中。
 終わってから、さっそく飲んでみました。

届いてすぐ、冷やさないうちに冷やしてない水で飲んだせいか、香料が気になって味はイマイチ。

それから2日、冷蔵庫で冷やし、いつ飲もうかな……。さっき水で3倍に薄めて飲んでみました。あ、これならおいしい、ホッ。

カルピスの甘さでお酢がなめらかになるんでしょうね。飲みやすいです。

「CALPIS/Natuluce」は、秋田県産あきたこまちの玄米からつくった黒酢&カルピスと紀州梅果汁からつくった梅酢&カルピスのほか、ワイルドブルーベリーとアセロラの4種類。アセロラがちょっと気になってます。










↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-01(Thu) 22:18| モラタメ| トラックバック 0| コメント 0

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。