プロフィール

山川さら

Author:山川さら

次ぎ次ぎにいろんなことが起こり
次ぎ次ぎにいろんなことを思う。
忘れていくこと
覚えておきたいこと
伝えたいことのメモとして。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

過去の記事

gooの木を植えよう!

ハブ捕りゲーム by 原ハブ屋奄美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

カフェあまんゆ 

カフェあまんゆ はじめます。


まだお店はありません。
でも、やります。



カフェあまんゆのブログ、はじめました。
見に来てね (*^_^*)



エイプリイルフールじゃないよ (^◇^;;




スポンサーサイト

↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-04-01(Wed) 09:17| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

続・沖縄コーヒー

昨日名護コーヒー、今朝は普通通りに淹れてみました。

抽出直後は「あー やっぱりあっさりしてるー」

ところが、2,3分すると
「あれ? 味が変わった!」

不思議ですねー。
コクが出てきた感じ。
抽出したコーヒーの状態が落ち着いたんでしょうか。。。

深煎り好みの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、
薄め、あっさり系が好みの方にはいいんじゃないかな。


昨日の記事で書いた↓

こちらのサイトには書いてないけど、某ショッピングサイトでは無農薬コーヒーと紹介されてます。


について、名護コーヒーさんからメールをいただきました。

沖縄のコーヒー畑には害虫がおりません。
16年目になりますが農園に消毒、除草剤、化学肥料は一切散布していません。
葉っぱに少し穴があくことがございますが犯人はカタツムリです。
でもコーヒーの葉を全部食べることは無いので安心です。
無農薬で有機栽培しております。




1000坪の畑に300本のコーヒーの木があるそうです。
コーヒーの花が満開になって、その上品で格調ある香りに囲まれて飲むコーヒーは最高だそうです。

うーん、行ってみたい!
でもコーヒーの花は2日で終わってしまうそうなので、賭け、ですね。。。





↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-31(Tue) 21:42| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

沖縄コーヒー

徳之島コーヒーもまだ飲みに行けてないのですが、沖縄コーヒーを買いました。

090330_1

沖縄でコーヒー園は3つあるらしいのですが、今回購入したのは名護コーヒー
こちらのサイトには書いてないけど、某ショッピングサイトでは無農薬コーヒーと紹介されてます。

豆自体の香りは、割とあっさりしています(もちろんしっかりコーヒーの香りですよ)。


さっそく淹れてみました。

090330_2

って、コーヒーの味と香りは写真じゃわからないですね(^^;;

香りはさわやかで、味もあっさり。あっさりというか、すっきり。

夜なので軽めに淹れたので余計かも。


いま使っているドリッパーは、こちら。

090330_3

円錐形で、落とし口はおっきな円です。

090330_4

内側は螺旋状に筋(?)が入っていて、注いだお湯がまんべんなくまわるようになっているそうです。最初は、円が大きいのでビビったけど、重くならずに淹れられるので気に入っています。

ドリッパーの特性としてコーヒーが重くならないので、豆をちょっと粗めに挽いたから余計にあっさりになったのかもしれません。

しかし、このごろは夜、しっかりしたコーヒーを飲むと眠れなくなるので(^^;;
明日の朝、もう一度、こんどはもうちょっと挽き方を細かくして淹れてみましょう。






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-30(Mon) 21:51| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

東京で徳之島コーヒーが飲めますよ

徳之島でコーヒーを作っている人がいるらしい。
いつ、誰に聞いたのか忘れてしまったけど、
いつか飲んでみたいと思っていた。

そう書いて、思い出した。
名瀬のアーケード街に、徳之島コーヒーが飲める店があったんだ。
そこのご主人が亡くなって、「あの店はどうなるのかな」
という話を聞いたが数年前。どうなったかな。


名瀬の店はいまだにお邪魔したことがないけれど、
昨年11月、東京で徳之島コーヒーを飲む機会に恵まれた。

090303

場所は三軒茶屋のカフェ マメヒコ
主催はコーヒー豆の焙煎販売をおもに行っているグラウベル

貴重な徳之島コーヒー。しかも08年産の豆を丁寧に焙煎し、
いちばんおいしく飲める淹れ方を何度も試行錯誤したというだけあって、
ほんとにありがたい機会だった。

日本茶の器のようなカップに、たっぷりとはいえない分量のコーヒーを
少しずつ、愛おしむようにいただいた。

味、風味、後口。なんて「徳之島」なコーヒーなんだろう。
そうとしか形容のしようがなかった。


そんな徳之島コーヒーが、東京で飲めるという。

Cafe Douce Ebis(恵比寿)
CORB(後楽園)
ささら(三鷹)

いずれも4月ぐらいまで。
みなさん、お早めに!






↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2009-03-03(Tue) 23:11| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

つなぐ場

奄美なカフェを考えていて、奄美以外の要素も入れたいと思うのは、奄美を閉じた世界にしたくないからかもしれない。

というのは実はこじつけで、単に私の興味や関心のあることがらを自分でつなぎ合わせてるだけかもしれないけれど。

奄美をキーワードに、広がる世界。
たとえばこんなつながりもできるよという提案。
それがフェアトレードだったり、スローだったり。

フェアトレードということでいえば、サトウキビや大島紬だってアンフェアトレードされてきたわけだから、奄美とぜんぜん関係ないことじゃない。フェアトレードって、外国とのことだけじゃないと思う。いまでも奄美は内地とアンフェアトレードになってるものがあるかもしれないし、それは奄美だけじゃなくて地方や伝統工芸品には共通した問題かもしれない。

奄美には、世界とダイレクトにつながっていた時代があった。私はそれを羨ましいと思う。奄美の人のDNAの中には、目の前の海から大洋へ、見知らぬ世界へ漕ぎだしていった人たちの勇気が伝わっているはずだから。DNAの中に含まれているものは、ふだんは表出することはなくても、何かのきっかけで飛び出してくる。それを私は知っている。

六調の太鼓が鳴り出したとたん、踊り出す。じっとしていられない。からだが喜々として動き出す。それは理性とか思考とかではなく、ずっと受け継がれてきた何かをもっているからだ。


小さな場所でもいい。最初は少ししかできなくてもいい。でも、奄美が世界とつながっていることを確かめられる場をつくりたい。







↓↓こちらもヨロシク↓↓
ただいま開店準備中・・・ カフェあまんゆ
奄美泥染めTシャツプロジェクト・・・ 奄美の泥あそび

2008-05-11(Sun) 22:21| 奄美なカフェを夢想する| トラックバック 0| コメント 0

検索


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」
利用しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

山川さら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。